スポンサードリンク

無料で一括資料請求

2007年04月23日

競輪審判員資格検定

【競輪審判員資格検定】

◆ 概要・目的:  地方公共団体が開催する競輪の競技運営を司る審判員の資格検定です。 競輪の審判員は、自転車競技法第5条により、日本自転車振興会に登録された者でなくてはなりません。日本自転車振興会では、競輪の公正かつ円滑な実施を確保することを目的として、身体、技能、学力及び人物について資格検定試験を実施し、合格した者を審判員として登録しています。 

◆ 根拠法令: 自転車競技法第5条 昭和27年

◆ 問合先: 製造産業局車両課 03

◆ 試験概要: @実施時期
 年1回実施  (次回は平成12年9月に予定)

A受験・応募資格
満20歳以上の者であって、履歴書、住民票等を添えて申請をした者が受験できます。     
ただし、次のいずれかに該当する者は受験することが出来ません。
(1)禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった後3年を経過しない者
(2)自転車競技法の規定に違反して罰金に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった後3年を経過しない者   
(3)「競輪審判員、選手、及び自転車登録規則」第14条第1号から第3号までの一に該当することにより登録消除されてから3年を経過しない者

B実施団体
 日本自転車振興会

C問い合わせ先
 日本自転車振興会 選手指導部 登録課




ラベル:競輪審判員
posted by 資格と転職 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

三日で90万(笑)
Excerpt: 少し前までドウ○イだったのに、今ではセッ○スで生活してます(笑)
Weblog: たけちゃん
Tracked: 2007-06-03 20:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。